あにあん倶楽部 -尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト-あにあん倶楽部 -尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト-

MENUCLOSE
旬の情報

【ペア5組チケットプレゼント】「今竹七郎 近代日本デザインのパイオニア」西宮市大谷記念美術館《10/25(日)まで》

情報掲載日:

2020年10月10日(土)~12月6日(日) 西宮市大谷記念美術館にて開催される
「今竹七郎 近代日本デザインのパイオニア」のチケットを
抽選でペア5組の方にプレゼントいたします!

「今竹七郎」という名前は知らずとも、輪ゴム「オーバンド」の黄色と茶色のパッケージ、メンソレータムのナースなど、どこかで必ず見たことがあるのではないでしょうか。

これらをデザインしたのが今竹七郎です。1905(明治38)年に神戸市に生まれた今竹は、我が国のグラフィックデザイン界において先駆的な役割を果たしたデザイナーとして活躍しました。

戦中から2000(平成12)年に94歳で亡くなるまで西宮市に居住し、関西の芸術文化、特にデザインの分野に大きな功績を残しました。

本展覧会では、西宮市大谷記念美術館が所蔵する原画、グラフィックデザイン、商品パッケージ、絵画など400余点の代表作を展示し、多方面に才能を発揮し確かな足跡を残した今竹七郎の芸術を検証します。

たくさんのご応募お待ちしております!

あにあん記事はこちら

ホームページはこちら

詳細データ

開催日時 2020年10月10日(土)~12月6日(日)
休館日:水曜日
10:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 西宮市大谷記念美術館 (西宮市中浜町4-38)
料金 一般 1,000円 大高生600円 小中生400円
※西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
※ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
※心身に障がいがある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
アクセス 阪神香櫨園駅より徒歩約6分
JRさくら夙川駅より徒歩約15分
阪急夙川駅より徒歩約8分
主催 公益財団法人 西宮市大谷記念美術館
お問合せ 西宮市大谷記念美術館 0798-33-0164
ホームページ http://otanimuseum.jp/index.html

これから会員になっていただく方もご応募いただけますので、
是非この機会にあにあん倶楽部会員にご登録ください!
入会金・年会費は無料です☆
新規会員登録はこちら

≪ 10月25日(日)23:59まで≫
下記に応募方法をご案内しますので、お早めにお申込ください。

応募方法

チケット抽選へのご参加には、あにあん倶楽部への会員登録とフォームでの応募が必要です。

誠にお手数ですが、以下の応募方法に従いご応募ください。
※すでに会員の方は、再度会員登録をしていただく必要はございません。

【応募方法(インターネット)】

  1. 会員登録がお済みでない方は、以下URLより会員登録してください(PC・スマホのみ) 
    https://anian-club.jp/signup/
    1. 会員登録後、マイページにアクセスし、ページ下部の会員特典応募フォームよりご応募ください。
    2. 応募の際は、以下必要事項を全て記入いただく必要がありますので、前もってご準備ください。
       <必要事項>
      1. 応募する特典名/「今竹七郎展」
      2. 氏名/フリガナ
      3. 会員番号
      4. 郵便番号
      5. 住所
      6. 電話番号(携帯/固定)
      7. メールアドレス
      8. 「あにあん倶楽部」へのご意見・ご感想(任意)
  2. 既に会員の方は、以下ログイン画面よりマイページにアクセスいただき、
    ページ下部の会員特典応募フォームよりご応募下さい。

    https://anian-club.jp/login/

【応募上のご注意】

  • 記入もれがございました場合は抽選対象外とさせていただきます。
  • ご応募は1人1回限りとさせていただきます。
  • 当選者には、発送をもって発表とさせていただきます。ご当選されなかった方にはご連絡いたしません。

関連イベント

西宮市大谷記念美術館「今竹七郎 近代日本デザインのパイオニア」10/10(土)~12/6(日)開催!

2020年10月10日(土)~12月6日(日)まで、西宮市大谷美術館にて「今竹七郎 近代日本デザインのパイオニア」が開催されます。

関連スポット

西宮市大谷記念美術館

故大谷竹次郎氏(元昭和電極社長、現社名SECカーボン(株))から西宮市に寄贈された土地、建物、美術作品をもとに、1972年11月3日に開館。日本とフランスの近代絵画(洋画・日本画)を中心とした当初のコレクションに、版画や現代美術など新たなジャンルの作品も...