尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

平成29年度 阪神南リレーミュージアム~阪神南のきらめく逸品をたずねて~

個性豊かな文化が息づく阪神南地域のとっておきの逸品を展示。
ぜひ各館をたずねてみてください。

芦屋エリア

1.滴翠(てきすい)美術館

ホームページはこちら
  • 住所:芦屋市山芦屋町13-3
  • TEL:0797-22-2228
  • 開館時間:10:00~16:00(入館は15:30まで)
  • 休館日:月曜日、夏季・冬季(要確認)
  • アクセス:阪急芦屋川駅から徒歩8分

秋季展「続・渡来の茶道具」

唐物青貝香合 虎渓三笑イメージ

唐物青貝香合 虎渓三笑

唐物丸壷茶入 銘「早苗」イメージ

唐物丸壷茶入 銘「早苗」

会  期: 平成29年9月12日(火)~12月10日(日)
入 館 料: 一般620円/高校生・大学生410円/
中学生以下無料 ※団体割引15名様以上2割引、その他各種割引有
概  要: 山口吉郎兵衛が収集した京焼・国焼コレクションが特色として挙げられますが、古染付や祥瑞などの唐物や高麗物、南蛮物の茶道具も数多く遺されています。そのコレ クションの中から、本年度の春季展(渡来の茶道具~6月11日まで)と秋季展(続・渡来の茶道具)の二季にわたり、優品を紹介。春は祥瑞作品を中心とし、秋は唐物茶入や古染付作品を展示します。

2.俵(たわら)美術館

ホームページはこちら
  • 住所:芦屋市月若町6-1
  • TEL:0797-23-2878
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)7/11~8/10、12/11~1/10
  • アクセス:阪急芦屋川駅から徒歩2分

「矢立と江戸の工芸展」(常設展)

根付型(打出小槌根付矢立、饅頭根付形矢立)イメージ

根付型(打出小槌根付矢立、饅頭根付形矢立)

会  期: 通年
入 館 料: 一般600円、中学生・高校生400円、小学生300円
概  要: 松尾芭蕉によって詠まれた句「行く春や鳥啼き魚の目は泪これを矢立の初めとして行く道なお進まず」。この有名な冒頭で始まる「奥の細道」にも出てくる「筆」と「墨壷」を納めた昔の筆記用具「矢立」をメインとして展示するとともに、パネルなどを利用して「矢立」の説明をしています。
その他、「煙管」や「髪油壷」などの江戸の工芸品も一緒に展示しています。
ページのTOPへもどる
西宮エリア

3.名塩和紙学習館

ホームページはこちら
  • 住所:西宮市名塩2-10-8
  • TEL:0797-61-0880
  • 開館時間:9:00~17:00(入館は16:00まで)
  • 休館日:月曜日、12/29~1/4 ※臨時休館あり(要確認)
  • アクセス:JR西宮名塩駅から徒歩20分

名塩和紙「常設展」

実習室イメージ

実習室

会  期: 通年
入 館 料: 無料
概  要: 名塩は、「名塩千軒」と呼ばれた有名な紙すきの里です。名塩和紙学習館では、名塩の伝統産業「紙すき」について、展示や実習体験を通して学習することができます。実習室は、学習用すき舟8台を備えており、手すき和紙の体験ができます。展示室は、名塩紙の歴史や紙すきの工程を説明するパネル、簀桁(すけた)や帛簀(きぬす)など紙すきの道具類などを展示しています。実習は有料で、事前予約が必要です。

4.白鹿記念酒造博物館(記念館、酒蔵館)

ホームページはこちら
  • 住所:西宮市鞍掛町8-21
  • TEL:0798-33-0008
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:火曜日(祝日の場合は翌日、連休に含まれる場合は連休明け休館)・年末年始・夏期休暇(要確認)
  • アクセス:阪神西宮駅から徒歩15分

「外を遊ぶ-名所と旅と行楽と-」

酒蔵館内観イメージ

酒蔵館内観

遊楽図屏風(左隻)イメージ

遊楽図屏風(左隻)

会  期: 9月13日(水)~11月20日(月) 10月16日(月)は展示入れ替えのため、
記念館はご観覧いただけません。
入 館 料: 一般500円、小学生・中学生250円 (記念館、酒蔵館は共通券) ※身体障害者手帳等をご持参の方(介護人1名とも)、
西宮市内在住で65歳以上の方は半額。(要証明)
概  要: 江戸時代には都市に人々が集まり、寺社仏閣への参詣・行楽などが流行し、名所が生まれました。また、都市と都市を結ぶ諸街道の整備が進み、各地の名所を求めて旅に出かける人々も少なくありませんでした。今回の展示では、江戸・京都・大阪の名所に関係する美術品を中心に、その他街道の宿場の様子がわかる資料のほか、祭礼・花見・花火・紅葉狩など当時の人々が季節に応じて楽しんだ様々な行楽の様子についてご紹介します。

5.頴川(えがわ)美術館

ホームページはこちら
  • 住所:西宮市上甲東園1-10-40
  • TEL:0798-51-3915
  • 開館時間:10:00~16:00(入館は15:30まで)
  • 休館日:月曜日、祝日の翌日、夏季・冬季(要確認)
  • アクセス:阪急甲東園駅から徒歩3分

「名品選(三)」

重要美術品 胭脂紅龍文瓶イメージ

重要美術品 胭脂紅龍文瓶

会  期: [前期]9月17日(日)~10月20日(金)
[後期]10月25日(水)~11月30日(木)
入 館 料: 大人600円、大学生・専門学校生 400円、
高校生以下無料 ※70歳以上半額(要証明)、各種障害者手帳をご持参の方無料
概  要: 甲山の裾野に開館して本年創設45周年を迎えました。これを記念し、日本・中国の古美術を中心とした館蔵品の中から、テーマごとに選び出した「名品選」展をシリーズで開催しています。今回は江戸時代に文人趣味の高まりとともに隆盛をみた南画(文人画)を展示、中国文人への憧憬から生まれた日本の南画の精神性と、風趣あふれる作品の数々をお楽しみください。
ページのTOPへもどる
尼崎エリア

6.尼信会館

ホームページはこちら
  • 住所:尼崎市東桜木町3
  • TEL:06-6413-1121
  • 開館時間:10:00~16:00
  • 休館日:月曜日、祝休日(土・日曜日と重なる場合は開館)12/29~1/5
  • アクセス:阪神尼崎駅から徒歩5分

常設展「城下町尼崎展」「コインミュージアム」

城下町尼崎展イメージ

城下町尼崎展

コインミュージアムイメージ

コインミュージアム

会  期: 通年
入 館 料: 無料
概  要: 2階展示室には2つの常設展があり、「城下町尼崎展」では、尼崎藩主桜井松平家ゆかりの国の重要文化財「太刀銘守家」を初めとして、江戸時代に建てられた尼崎城の復元模型や歴史的に貴重な資料を数多く展示しています。「コインミュージアム」では、世界170ヵ国の金貨銀貨など約2,500点を展示しています。1階・3階の展示室では、地域の芸術家の絵画、陶磁器、書、彫刻、工芸などを展示しています。

7.尼崎信用金庫 世界の貯金箱博物館

ホームページはこちら
  • 住所:尼崎市西本町北通3-93
  • TEL:06-6413-1163
  • 開館時間:10:00~16:00
  • 休館日:月曜日、祝休日(土・日曜日と重なる場合は開館)12/29~1/5
  • アクセス:阪神尼崎駅から徒歩5分

特別展及び常設展

世界の豚の貯金箱イメージ

世界の豚の貯金箱

2階 貯金箱ランドイメージ

2階 貯金箱ランド

会  期: 通年
入 館 料: 無料
概  要: 世界62ヵ国の多種多様な貯金箱を13,000点以上収蔵する全国でもユニークな博物館です。貯金箱の歴史、世界各国のお国柄のあらわれた貯金箱、昔懐かしいノスタルジックな貯金箱、バネやゼンマイで動き、楽しい仕掛けのある貯金箱等の展示があります。展示室は1階・2階に分かれており、特別展コーナーでは毎月貯金箱を入替展示しています。からくりコーナーは直接、手にふれて楽しむことができます。
阪神南リレーミュージアムMAP
リーフレットのPDFデータをダウンロードする
ページのTOPへもどる