尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

芦屋お知らせ 虚子記念文学館「虚子と碧梧桐Ⅰ」~3/7(日)まで

このページを印刷する2020年9月9日


 

2021年3月7日(日)まで、虚子記念文学館にて「虚子と碧梧桐Ⅰ」が開催中です!

昭和12年2月1日、腸チフスで急逝した河東碧梧桐への虚子追悼句は、「(碧梧桐とはよく親しみ、よく争ひたり)たとふれば独楽のはぢける如くなり」でした。子規門の双璧と称された、虚子と碧梧桐。二人は伊予尋問中学で出会い、共に文学を志向していることを確認するや、急速に相睦み、子規の薫陶を受けつつ、切磋琢磨してきました。

二人の俳風の違いは、子規没後いよいよ鮮明になります。虚子は「ホトトギス」、碧梧桐は新聞「日本」と活動の場を住み分け、句会や門人も碧派と虚子派に分かれました。

明治40年代は虚子が小説に没頭して俳句から離れたため、俳句界は碧派一色になります。碧梧桐の俳句は全国行脚「三千里」の旅の間に刻一刻と変化し、かつての「印象明瞭」から真逆の新傾向俳句へと進み、調べも五七五の定型を破って自由律へと移行しました。

さらに書にも革新を求めた碧梧桐は、中国六朝時代の石碑に刻まれた四角い文字をお手本とし、その後も独自なアレンジを加えて緩急自在な筆致を見せています。これに対し虚子は、丸い文字で密かに応戦しました。

虚子と碧梧桐、二人の個性のぶつかり合いを、是非お愉しみください。

 



「あにあん倶楽部」会員の方は、会員証を提示すると入館料が割引になります。詳しくは詳細データをご覧ください。

※他の割引サービスとの併用はできません。

「虚子記念文学館」の公式サイトはこちら→http://www.kyoshi.or.jp/

あにあん倶楽部会員特典実施中の施設一覧はこちら→http://anian-club.jp/info/2014/10/1755

 

 

 

詳細データ

開催日時 ~2021年3月7日(日)まで
住所 芦屋市平田町8-22
休み 月曜日、祝日・振替休日の翌平日、夏期、年末年始他
料金 一般500円、18歳以下300円
※「あにあん倶楽部」会員証をご提示いただくと、一般のみ100円割引が受けられます。
  会員証はマイページよりダウンロードできます。
  ログインはこちら→http://anian-club.jp/login/
アクセス 阪神芦屋駅より徒歩約15分
問い合わせ先 虚子記念文学館 0797-21-1036
ホームページ http://www.kyoshi.or.jp/

アクセスマップ


大きな地図で見る

 

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる