尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

尼崎 白髪一雄記念室 第15回展示「没後5年 白髪富士子 前衛美術家としての足跡」~9/13(日)

このページを印刷する2020年6月5日


《無題》 1960年 個人蔵

 

アクション・ペインター白髪一雄の妻・富士子の没後5年にあたる節目として、若き日の数年間に前衛美術家として活躍した富士子の作品が展示されます。

白髪富士子は1928年、大阪市生まれ、大阪市立大手前高等女学校を卒業後、20歳で白髪一雄と結婚。一雄の絵画制作を間近に見るうちに自身も創作に目覚め、作品制作を始めます。

1955年に一雄とともに前衛美術グループ具体美術協会に入会し、具体美術展や芦屋市展を発表の場として本格的に制作発表を行っていました。

しかし、一雄の評価が高まり活動が多忙となったことから、1961年に自らの創作活動に終止符を打ち、以降は一雄の創作活動を二人三脚で支え続けました。

数年間ではありましたが、前衛美術家として才能を発揮した白髪富士子の若き日の貴重な作品と資料があわせて公開されます。

 

※現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための対策を行っております。
 ホームページをご確認の上、ご来場をお願いいたします。[外部リンク] https://www.archaic.or.jp/shiraga/

 

展示解説が行われます。

担当学芸員による展示作品の解説を行います。

日時|6月27日(土)、7月25日(土)、8月22日(土) いずれも 14:00~

場所|白髪一雄記念室

定員|各日 10 名

参加費|無料

申込|不要

 

 

 

詳細データ

開催期間 ~9/13(日)
開室時間 10:00~17:00 (最終入館 16:30)
火曜日休館
開催場所  白髪一雄記念室 (尼崎市総合文化センター 4階)
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16
料金

一般 : 200円 65歳以上の方は100円(身分証提示が必要)
大学・高校生 : 100円
中学生以下 : 無料

※尼崎市文化振興財団主催美術展の会期中、その入場券を持参の方は当日1回に限り無料。開室時間は、開催中の展覧会と同じ時間となります。
※身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳の提示により半額、介護者1人は無料。

アクセス  阪神尼崎駅より立体遊歩道で徒歩5分
問合せ 尼崎市文化振興財団 事業課 美術担当
TEL 06-6487-0806
ホームページ https://www.archaic.or.jp/shiraga/

アクセスマップ

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる