尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

西宮お知らせ 西宮能楽堂 2019年度 西宮能楽堂主催公演 10月・11月・12月

このページを印刷する2019年8月22日

 

2019年度 西宮能楽堂主催公演 観るだけでなく参加して楽しむ能楽公演のご紹介を致します!

 

 

10月12日(土) 14:00 開演
男の美学・女の愛情 能「清経」
平清経  |大西 礼久
清経の妻 |上田 顕崇
粟津三郎 |原  大
笛    |貞光 智宣
小鼓   |成田 奏
大鼓   |山本 寿弥
後見   |梅若 基徳
地謡   |吉井 基晴
       今村 哲朗
       上田 宜照
       笠田 祐樹

平清経は筑紫の戦に敗れ、すべての望みを無くし入水自殺します。家臣の粟津三郎は、清経の遺髪を持ち、妻に入水した様を語り遺髪を渡します。信じられない妻は泣き崩れ床につきますと、清経の霊が夢の中に現れ、夫婦は互いに届かぬ思いを嘆きます。その後清経は平家の栄華も虚しく、神にも見放され、死に至った経緯を語ります。

・体験講座 ①12:15~12:45 ②12:45~13:15
 ①囃子(大鼓)体験  ②「高砂」謡体験

・解説&謡と型のワークショップ
 梅若基徳

 

 

11月9日(土) 14:00 開演
特別公演
義経の武勇伝 能「屋島 弓流 那須」
【通常の能「屋島」ではなかなか見ることのできない義経が弓を落としそれを拾いあげる所作や、那須与一の仕方話の特殊演出をご覧いただきます。
解説 |梅若基徳

前シテ 漁翁・後シテ 源義経 |梅若 基徳
漁夫    |梅若 雄一郎
旅僧    |廣谷 和夫
屋島の浦人 |善竹 隆司
笛     |斉藤 敦
小鼓    |古田 知英
大鼓    |守家 由訓
後見    |梅若 猶義
        大西 礼久
地謡    |吉井 基晴
        上田 大介
        寺澤 幸祐
        井戸 良祐
        上野 朝彦
        上野 雄介

旅の僧が四国屋島浦で出会った老翁は、源平合戦の様子を物語り、そして源義経の霊であることを仄めかし姿を消します。その夜、僧の夢枕に義経の幽霊が現れ、身の危険を顧みずに海へ落とした弓を取り戻した過去を語り、名誉を惜しむ自らの信念を語ります。その後死してなお続く戦いの日々を見せ、春風の吹く浦の景色だけが残されるのでした。

 

 

12月8日(日) 14:00 開演
滅ぼされる民族 能「土蜘蛛」
前シテ 僧・後シテ 土蜘蛛 |梅若 基徳
源頼光    |寺澤 幸祐
胡蝶     |上野 雄介
頼光の従者  |上野 朝彦
独武者    |福王 和幸
独武者の従者 |喜多 雅人
独武者の下人 |善竹 隆平
笛      |貞光 智宣
小鼓     |久田 陽春子
大鼓     |山本 寿弥
太鼓     |上田 慎也
後見     |梅若 猶義
         立花 香寿子
地謡     |齊藤 信輔
         林本 大
         山中 雅志
         山田 薫

病床の源頼光の元へ、胡蝶が見舞いに来ます。そこへ怪僧が現れ、頼光に蜘蛛の糸を投げかけます。頼光が枕元の太刀を抜いて斬りかかると、その怪僧は姿を消します。駆け付けた独武者に頼光は一部始終を語り独武者は流れた血を追って、葛城山の古塚を見つけます。塚を崩すと土蜘蛛が現れ奮戦しますが、ついに斬り伏せられます。

・体験講座 ①12:15~12:45 ②12:45~13:15
 ①仕舞体験        ②「高砂」謡体験

 

 

チケット |要予約
10月・12月指定席:4000円
自由席:3500円
特別公演11月指定席 :8000円
自由席 :7000円
体験講座:500円(各回)

・お申し込みは、お電話にて承ります。
・中学生以下のご参加はお知らせください。
 (未就学児のご入場はご遠慮申し上げます。)
・体験講座は、主催公演ご参加の方が特別に受講できる講座です。

お申し込み・お問合わせ |西宮能楽堂
TEL:0798-48-5570 FAX:0798-48-5571
(受付時間 10:00~17:00)

 

マップ

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる