尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

西宮お知らせ 西宮市大谷記念美術館「生誕120年 山沢栄子 私の現代」5/25(土)~7/28(日)

このページを印刷する2019年5月10日

What I am doing No.8
1980/プリント1986
大阪中之島美術館
 
 
 
山沢栄子は1899年大阪に生まれ、1920年代のアメリカで写真を学び、1930年代から半世紀以上にわたり、日本における女性写真家の草分けとして活躍しました。
当初はポートレートの撮影を主な仕事としていましたが、晩年の1980年代には抽象絵画のような写真作品を制作する芸術家として知られていました。
とりわけカラー写真による色鮮やかな作品群は、当時の日本では他に例を見ないものでした。
「私の現代/What I am doing」と題して発表されたこのシリーズには、自身の過去の作品や写真機材を写し込んだ、きわめてコンセプチュアルな表現も含まれています。
山沢は、1950年代から写真による造形の実験を重ねることで、このような独自の芸術表現に到達しました。

生誕120年を記念した本展では、1970-80年代に手がけたカラーとモノクロによる抽象写真シリーズ<What I am doing>を中心に、抽象表現の原点を示す1960年代の写真集、戦前の活動を伝えるポートレートや関連資料など約140点を展示し、日本写真の流れとは異なる地平で創作を続けた芸術家の歩みを辿ります。
 

山沢栄子(1899-1995)
大阪に生まれる。1918年私立女子美術学校日本画科選科を卒業。1926年渡米し、カリフォルニア・スクール・オブ・ファインアーツで油絵を学ぶ。同時にアメリカ人写真家コンスエロ・カナガの助手となり、写真技術を習得。1929年帰国、1931年大阪に写真スタジオを開設し、ポートレート写真家として活躍。戦後は企業の広告写真などを手がけたのち、抽象写真の制作を始めた。1968年神戸に移り、1970-80年代に「私の現代」と題した個展を多数開催。1955年大阪府芸術賞、1977年日本写真協会功労賞、1980年神戸市文化賞を受賞。大阪中之島美術館、東京都写真美術館、川崎市市民ミュージアムなどに作品収蔵。
 

詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://otanimuseum.jp/exhibition_190525.html

あにあん倶楽部会員の方は「西宮市大谷記念美術館」入館料が割引になります!
入館料一般800円、高大生600円、小中生400円のところ、「あにあん倶楽部」会員証を提示すると各料金より200円割引でご入館いただけます。
※他の割引サービスとの併用はできません。
もちろん、これからご入会いただける方も割引になります!

ウェブ会員証取得方法についてはこちら→http://anian-club.jp/info/2014/09/1570
ログインはこちら→http://anian-club.jp/login/
新規会員登録はこちら→http://anian-club.jp/signup/

マイページから取得した「ウェブ会員証」をご提示ください。

詳細データ

会期 2019年5月25日(土)~7月28日(日)
休館日 水曜日
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催場所 西宮市大谷記念美術館(西宮市中浜町4-38)
料金

一般800(600)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円

*( )内は前売・20名以上の団体料金(いずれも税込価格)
*前売券はローソンLoppi(Lコード53172)で取り扱い、または当館受付にて販売
 ※前売券の販売は5月24日(金)まで
*西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
*割引付ちらしご持参の方は一般800円を700円に割引(複製不可)
アクセス 阪神香櫨園駅より徒歩約6分
JRさくら夙川駅より徒歩約15分
阪急夙川駅より徒歩約18分
主催・後援


主催 公益財団法人西宮市大谷記念美術館
後援 西宮市、西宮市教育委員会、NHK神戸放送局
特別協力 大阪中之島美術館準備室、東京都写真美術館、サードギャラリーAya

問い合わせ先 西宮市大谷記念美術館 0798-33-0164
ホームページ http://otanimuseum.jp

マップ

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる