尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

西宮お知らせ 西宮市大谷記念美術館 「四条派への道 呉春を中心として」 4/6(土)~5/12(日)

このページを印刷する2019年4月23日

2019年4月6日(土) より西宮市大谷記念美術館にて
「四条派への道 呉春を中心として」の展示が始まります。

「四条派」とは呉春を祖とし、呉春やその門弟たちが京都四条通り周辺に居住していたことから、名付けられた画派の名称です。明治以降、近代になっても四条派に属する日本画家たちが活躍を続けたことから、その名は良く知られるところとなりました。京都で育まれて発展した四条派ですが、長い年月を経て、現在では多岐に渡る画風や内容を示すものとなっています。
このたびの展示では、まず呉春の作品を中心に紹介いたします。呉春は幅広い画技を持ち、生涯に何度か画風を変えました。与謝蕪村に学び、模倣することで始まったその画業が、池田に居住して独自の発展を遂げ、さらに京都に戻って円山応挙の影響のもと、新たな境地に達する変遷を辿ります。次に、同時期の円山派の絵師、源琦、山口素絢、吉村孝敬の作品を取り上げ、呉春との違いを見ていきます。更に卓越した呉春の三人の弟子、松村景文、岡本豊彦、柴田義董の作品により、四条派が発展していく兆しを、最後に西山芳園、上田公長ら大坂で活躍した絵師を紹介して、京都にとどまらなかった四条派の影響の広がりを検証します。
呉春の画業から四条派へとつながる道筋を、本展によって辿っていただくことができれば幸いです。

1.呉春
初期から晩年まで、その画業の変遷を辿ります。
2.円山派 円山応挙と弟子たち
源琦、山口素絢、吉村孝敬らを取り上げ、呉春と同時期の円山派の画業を検証します。
3.呉春の弟子たち
卓越した三人の弟子、岡本豊彦、松村景文、柴田義董の他、四条派を形成していく弟子たちの画業を紹介します。
4.大坂の四条派
西山芳園、長山孔寅、上田公長など、大坂で活躍した絵師による四条派の広がりを考察します。

詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://otanimuseum.jp/exhibition_190406.html

 

あにあん倶楽部会員の方は「西宮市大谷記念美術館」入館料が割引になります!
入館料一般800円、高大生600円、小中生400円のところ、「あにあん倶楽部」会員証を提示すると各料金より200円割引でご入館いただけます。
※他の割引サービスとの併用はできません。
もちろん、これからご入会いただける方も割引になります!

ウェブ会員証取得方法についてはこちら→http://anian-club.jp/info/2014/09/1570
ログインはこちら→http://anian-club.jp/login/
新規会員登録はこちら→http://anian-club.jp/signup/

マイページから取得した「ウェブ会員証」をご提示ください。



 

 

詳細データ

会期 2019年4月6日(土)~5月12日(日)
会期中に一部展示替をおこないます。
<前期>4月6日(土)~4月23日(火)
<後期>4月25日(木)~5月12日(日)
休館日 水曜日 ※5月1日(水・祝)は開館
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催場所 西宮市大谷記念美術館(西宮市中浜町4-38)
料金

 

一般800(600)円、高大生600(400)円、小中生400(200)円
*( )内は前売・20名以上の団体料金(いずれも税込価格)
*前売券はローソンLoppi(Lコード53746)で取り扱い、または当館受付にて販売
 ※前売券の販売は4月5日(金)まで
*西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書呈示)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障がいのある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
*割引付ちらしご持参の方は一般800円を700円に割引(複製不可)


アクセス 阪神香櫨園駅より徒歩約6分
JRさくら夙川駅より徒歩約15分
阪急夙川駅より徒歩約18分
主催・後援 主催 公益財団法人西宮市大谷記念美術館、毎日新聞社
後援 西宮市、西宮市教育委員会、NHK神戸放送局
問い合わせ先 西宮市大谷記念美術館 0798-33-0164
ホームページ http://otanimuseum.jp

マップ


大きな地図で見る

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる