尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

芦屋お知らせ 「虚子の世界」2018/10/2(火)~2019/3/31(日)

このページを印刷する2018年9月26日

虚子S29


虚子記念文学館「 虚子の世界」をご案内します。

俳人高浜虚子の資料を所蔵する虚子記念文学館では、俳句作品や揮毫、著書などのほか、正岡子規、夏目漱石ら文人との交流を示す書簡も所蔵、展示しています。

明治24年河東碧梧桐を介し正岡子規の知遇を得、虚子は俳句を始めます。明治30年、柳原極堂により松山に創刊された「ほとゝぎす」は翌年東京に移され虚子が継承しました。明治38年夏目漱石は小説「吾輩は猫である」を「ほとゝぎす」に連載し好評を博します。

虚子は俳句の他にも小説、写生文など優れた文学作品を遺しているばかりでなくすぐれた作家を多く育成しました。虚子の「花鳥諷詠」と「客観写生」の俳句理念は、「ホトトギス」百年の歴史の中になお脈々と流れています。

虚子の世界を体験し、日本の文学や季節を感じてみませんか。

虚子遠山色紙


「あにあん倶楽部」会員の方は、会員証を提示すると入館料が割引になります。
詳しくは詳細データをご覧ください。

※他の割引サービスとの併用はできません。

あにあん倶楽部会員特典実施中の施設一覧はこちら

詳細データ

開催日時 2018年2018/10/2(火)~2019/3/31(日) 10:00~17:00(入館は16:30まで)
住所 芦屋市平田町8-22
休み 月曜日(祝日の場合開館、翌火曜休館)、祝日・振替休日の翌日、年末年始、夏期
料金 一般500円、18歳以下300円
※「あにあん倶楽部」会員証をご提示いただくと、一般のみ100円割引が受けられます。
  会員証はマイページよりダウンロードできます。
  ログインはこちら
アクセス 阪神芦屋駅西口より徒歩約15分
問い合わせ先 虚子記念文学館 0797-21-1036
ホームページ http://www.kyoshi.or.jp/

アクセスマップ


大きな地図で見る

 

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる