尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

芦屋お知らせ 芦屋市谷崎潤一郎記念館 春の特別展「潤一郎時代絵巻」ー戦国の焔(ほむら) 王朝の夢ー 3/17(土)~6/17(日)

このページを印刷する2018年4月6日

潤一郎時代絵巻

 6/17(日)まで、谷崎潤一郎記念館にて、「潤一郎時代絵巻」ー戦国の焔(ほむら)王朝の夢ーが開催されています!

 エンターテインメント性あふれる乱世の人間群像や、美の極致を描いた王朝物語に多くの名作を残した谷崎潤一郎(1886~1965)。谷崎の目くるめく想像力は歴史の沃野で咲き誇りました。「少将滋幹の母」直筆原稿や日本画家の北野恒富による「乱菊物語」挿絵原画、王朝の恋に谷崎の空想を誘った俵屋宗達画「源氏物語屏風切」など約100点で、文豪が歴史に抱いた夢の跡をたどります。

※展示品は時期によって入れ替えがあります。

★関連イベント★(お申し込みは芦屋市谷崎潤一郎記念館まで)
現地講座「谷崎の愛した京の豪邸」
谷崎が戦後暮らした非公開の邸宅「潺湲亭(せんかんてい)」を訪ね、下鴨神社の隣に位置する築100年の名建築を解説付きで散策。「下鴨茶寮」で京料理の昼食を楽しみます。
日時:5月11日(金)、5月23日(水) 午前10時20分または11時20分
集合場所:京阪電車出町柳駅前
定員:各日24人(申し込み順)
料金:8,000円(食事代含む。交通費は自己負担)

田辺眞人・園田学園女子大学名誉教授講演
「史実とフィクションの間」~歴史から見た文学~
小説やテレビドラマなどに描かれた<歴史>は史実をどのように反映しているのか。地域史研究で知られる講師が、谷崎文学にもふれながら虚実の間に分け入ります。
日時:5月27日(日) 午後2時~3時30分
場所:市立美術博物館講義室(芦屋市谷崎潤一郎記念館西隣)
定員:80人(予約優先)
料金:1,000円(記念館入館料を含む)

詳しくは下記ホームページをご覧下さい。
http://www.tanizakikan.com/history.html

詳細データ

期間 2018年3月17日(土)~6月17日(日)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
※4月30日(月・祝)は開館し、5月1日(火)休館
入場料

一般:400円 大高生:300円 中学生以下:無料
※団体料金(20人以上)は2割引き
※65歳以上、または身体障碍者手帳、精神障碍者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方、ならびにその介護の方1人は半額

※着物で無料入館Day
4月28日(土)、5月26日(土)
会期中の最終土曜日に着物で来館された方はどなたでも無料

場所 芦屋市谷崎潤一郎記念館
〒659-0052 芦屋市伊勢町12-15
アクセス 徒歩:阪神芦屋駅から南東へ15分
バス:阪急芦屋川駅・JR芦屋駅・阪神芦屋駅いずれも「緑町」下車、東へ徒歩1分
後援  読売新聞大阪本社 武庫川女子大学 大阪よみうり文化センター
協力  中央公論新社 三大五美術
お問合せ 芦屋市谷崎潤一郎記念館 
0797-23-5852

アクセスマップ

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる