尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

尼崎お知らせ あましんアルカイックホール・オクトにて関西歌劇団 第99回定期公演「白狐の湯」「赤い陣羽織」上演!9/23(土)・24(日)

このページを印刷する2017年8月25日

チラシ

9月23日(土)・24日(日)、あましんアルカイックホール・オクトにて、
関西歌劇団 第99回定期公演「白狐の湯」「赤い陣羽織」が上演されます!

1949年春、指揮者・朝比奈隆を中心に関西の声楽家が集まり、旗揚げ公演《椿姫》で発足した関西歌劇団。
現在、創作ものを含め年3回の自主公演を柱に、常に注目すべきオペラ活動を展開しています。

 「白狐の湯」は、今日のミステリー・サスペンスに繋がる、当時先駆的であった谷崎文学のオペラ化作品。
村に古くから伝わる「月夜の晩に白い狐が湯浴みをし、それを見たものは狐憑きになる」という言い伝え。想いを寄せる白人の女「ローザ」に化けた狐に、狐の世界に引き込まれそうになる角太郎と、角太郎を探すお小夜や母の物語です。

「赤い陣羽織」は述べ100回を超える上演数を誇る作品。関西歌劇団の歴史とともに歩み続けた創作オペラです。
とある田舎に暮らす、とぼけた顔の「おやじ」と、とびきり別嬪の女房「おかか」。おかかに横恋慕している代官は、赤い陣羽織を風になびかせてやってきては、おかかに”ちょっかい”を出していました。ある日、代官はおやじを床屋に捕えさて留守を狙いますが…

両日とも、「白狐の湯」、「赤い陣羽織」の順に上演します。
是非劇場でご鑑賞ください!

〈作品情報〉
指揮:船曵 圭一郎
演 出:籔川 直子
管弦楽:ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団

■白狐の湯
作曲:芝 祐久
原作:谷崎 潤一郎

■赤い陣羽織
作曲:大栗 裕
原作:木下 順二
原演出:武智 鉄二

 詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://archaic.or.jp/schedule/detail.php?id=1050

詳細データ

日時 平成29年9月23日(土)、24日(日)
開演時間 9月23日(土) 18:00開演(17:15開場)
9月24日(日) 14:00開演(13:15開場)
場所 尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール・オクト
尼崎市昭和通2-7-16
料金 S席 一般8,000円 メイト7,500円
A席 一般6,000円 メイト5,500円
B席 一般3,000円 学割 2,000円
※全席指定
※未就学児の入場はご遠慮ください。
プレイガイド 特定非営利活動法人 関西芸術振興会(06-4801-8185) ※平日10:00-18:00
総合文化センタープレイガイド(06-6487-0810) ※9:00-19:00
チケットぴあ(0570-02-9999) ※Pコード336-832
アクセス 阪神尼崎駅より徒歩約5分
主催 公益財団法人尼崎市総合文化センター
特定非営利活動法人関西芸術振興会
問い合わせ 尼崎総合文化センター
06-6487-0910
ホームページ  http://www.archaic.or.jp/

 アクセスマップ

 

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる