尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

芦屋お知らせ 芦屋市谷崎潤一郎記念館 2016年度冬の通常展「谷崎潤一郎 人と作品 ~特設展示・肉筆に見る文豪谷崎~」12/17(土)~2017/3/20(月・祝)

このページを印刷する2016年12月7日

 肉筆にみる文豪谷崎

12月17日(土)~2017年3月20日(月・祝)までの期間、芦屋市谷崎潤一郎記念館にて、
2016年度冬の通常展「谷崎潤一郎 人と作品 ~特設展示・肉筆に見る文豪谷崎~」が開催されます。

パソコン・ワープロ全盛の昨今、作家の世界でも、墨と筆はもちろん原稿用紙に万年筆を滑らせるなどの「字を書く」ということが、今や珍しい風景となってしまったのではないでしょうか。
幸か不幸か、「肉筆」の時代を生きた谷崎潤一郎は、彼のなりわいであり人生である「文章を書く」ということが肉筆で文字を書くことであったため、私たちは、今に遺された文豪の生の筆跡に接することができます。また、その作家の肉筆を味わうという、少し前までは当たり前だったことが、今や、たいへん貴重な体験となっています。

今回の特設展では、愛用の美麗な蒔絵硯箱や筆とともに、谷崎の遺した多種多様な肉筆が紹介されます。

文壇デビュー頃の希少な書簡に遺る若々しく流麗な筆づかい、
晩年のラブレターでは高血圧症の麻痺した手のたどたどしいカナクギ流、
編集者が読み間違えないようにと原稿用紙に書き付けられた小学生のような楷書体、
さらに、文人の教養と風流を映し出す短冊・色紙の筆の品格等々・・・。

生の筆跡から滲み出る、文豪谷崎の年輪と人となりを感じ取ることができるでしょう。
ぜひ皆様、芦屋市谷崎潤一郎記念館へお越しください。


詳しくはホームページをご覧ください→http://www.tanizakikan.com/

詳細データ

開催日時 12月17日(土)~2017年3月20日(月・祝)
10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 芦屋市谷崎潤一郎記念館(芦屋市伊勢町12-15)
休館日 月曜日(祝日の場合翌日休館)、12月28日(水)~1月4日(水)
アクセス 阪神芦屋駅より徒歩約15分
料金 一般300円、大高生200円、中学生以下無料
※団体料金(20人以上)は2割引
※65歳以上、または身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方、ならびにその介護の方1人は半額
主催 芦屋市谷崎潤一郎記念館
問合せ 芦屋市谷崎潤一郎記念館
〒659-0052 芦屋市伊勢町12-15
TEL 0797-23-5852 FAX 0797-38-3244
ホームページ http://www.tanizakikan.com/

アクセスマップ

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる