尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

芦屋 芦屋市立美術博物館「art trip vol.02 この世界の在り方 思考/芸術」展 12/10(土)~2017/2/12(日)

このページを印刷する2016年11月24日

0001



12月10日(土)~2017年2月12日(日)、芦屋市立美術博物館にて「art trip vol.02 この世界の在り方 思考/芸術」展が開催されます!

同館コレクション作品とともに現代美術作品を紹介する展覧会、「art trip」シリーズの第2弾。
今回は、立体、平面、映像の現代美術の作品と併せ、同館コレクションの近現代美術作品や考古・歴史資料を展示し、「思考」について考えていきます。

見えるものと見えないものの関係性をテーマに1960年代から国内外で活躍する河口龍夫、刺繍作品や彫刻、アニメーションなどの手法で日常の断片を紡ぎ出す伊藤存、映像や文字や音のズレから意識の焦点を揺り動かす小沢裕子、自然光や電灯などあらゆる光を収集し、それらを構成要素とする映像作品を発表する前谷康太郎。

現実は、見えているものだけが全てではなく、見えていない世界も確かに存在しているという事実。
一つの視点で物事をとらえる危うさは大きく、この世界が向き合っている真実を見据え、見えない部分を想像し、多様な視点で認識するための力の重要性はますます高まりつつあります。

彼らの生み出す作品が、見える事実とその向こう側にある真実を気付かせてくれ、この世界のとらえ方を再考する手がかりとなるでしょう。

皆様ぜひ足をお運びください!



【関連イベント】
※いずれも参加無料(ただし要展覧会チケット)、事前申込み不要。

 (1)オープニングイベント アーティストによるギャラリートーク
  ◆日時:12月10日(土)14:00~16:00
  ◆講師:河口龍夫、伊藤存、小沢裕子、前谷康太郎(本展出品作家)
  ◆会場:展示室

 (2)ライブパフォーマンス
  ◆日時:1月9日(月・祝) 16:00~17:00(予定)
  ◆出演:山/抽象版×小沢裕子(美術家)
  ◆会場:展示室、講義室、前庭(予定)
  ◆定員:80名

 (3)対談「河口龍夫/思考と芸術をめぐって」
  ◆日時:1月28日(土)14:00~15:30
  ◆講師:河口龍夫(美術家)×柳原正樹(京都国立近代美術館長)
  ◆会場:講義室
  ◆定員:60名(どなたでも)

 (4)上映会/前谷康太郎作品
  ◆日時:2月4日(土)15:00~16:00
  ◆講師:前谷康太郎(映像作家)
  ◆会場:講義室
  ◆定員:60名(どなたでも)

 (5)ギャラリー・トーク 
  ◆日時:12月24日(土)、1月21日(土)
    両日とも14:00~ (1時間程度)
 
詳しくは下記ホームページ、またはFacebookをご覧ください。
★ホームページはこちら→http://ashiya-museum.jp/
★Facebookはこちら

詳細データ

開催日時 12月10日(土)~2017年2月12日(日)
10:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所 芦屋市立美術博物館 (芦屋市伊勢町12-25)
休館日 月曜日 
※1月9日(月・祝)は開館、1月10日(火)は休館、年末年始(12月28日~1月4日)
アクセス ・阪神芦屋駅より徒歩約15分
・阪神芦屋駅、阪急芦屋川駅、JR芦屋駅より阪急バス「緑町(美術博物館前)」下車
料金 一般600(480)円、大高生500(400)円、中学生以下無料
※同時開催「昔の暮らし」展の観覧料も含む
※( )内は20名以上の団体料金
※高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、
療育手帳をお持ちの方、ならびにその介護の方1名は各当日料金の半額
【観覧無料日】12月25日(日)、2017年1月22日(日)
主催 芦屋市立美術博物館
助成 公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団
協賛 株式会社オーエス、三菱電機株式会社 関西支社
後援 兵庫県、兵庫県教育委員会、兵庫県社会福祉協議会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、
神戸新聞社、NHK神戸放送局、FM802
協力 京福電気鉄道株式会社、横田茂ギャラリー、タカ・イシイギャラリー、株式会社中川ケミカル
同時開催 「昔の暮らし」展
問合せ 芦屋市立美術博物館 0797-38-5432
ホーム
ページ
http://ashiya-museum.jp/

アクセスマップ


大きな地図で見る

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる