尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

尼崎西宮芦屋あにあんレポート 阪神南再発見モニターツアー「阪神なぎさ回廊を巡るコース」9/12(土)レポート第1弾

このページを印刷する2015年10月21日

9月12日(土)、あにあん倶楽部「阪神南再発見モニターツアー『阪神なぎさ回廊を巡るコース』」のレポート第1弾です!

毎回たくさんの方々にご参加いただいている「阪神南再発見モニターツアー」が今年も始まりました!
今回は「阪神なぎさ回廊を巡るコース」!
阪神なぎさ回廊を巡り、まちの魅力に触れてきました。

当日ツアーにご参加いただきました河合 都章 様から
素敵なお写真をご提供いただき、使用させていただきました。
河合様ありがとうございます。


IMGP1794


阪神尼崎駅前に集合。バスに乗り込み、まずは「尼ロック(尼崎閘門)」へ向かいます!

 

 



 IMGP1817_1

 
尼ロックに到着!

 

 

 

IMGP1820_1


 集中コントロールセンター防災展示室へ案内していただき、尼ロックの歴史や役割についてビデオを鑑賞したあと、お話をお聞きしました。

 

 
お話のあと、実際に尼ロックの開門作業を特別見学させていただきました!
高潮や津波などの自然災害から、「海抜ゼロメートル地帯」の安全を守る日本最大級の閘門「尼ロック」。2つの水門を開閉することで海水が運河内に流れないように調節し、船が通航できるようにしているそうです。365日24時間監視体制でまちを守っています!

IMG_0704 IMGP1829_1


IMGP1873_1


次に訪れたのは「尼崎の森中央緑地」。
「100年のもりづくり」をテーマに、昔は工場地帯であった広い空き地に苗木を植え、人や生き物が集う新しい森作りをしているそうです。

 

 

IMG_0724

森づくりは自然の森をお手本とし、長い月日をかけて種から丁寧に大切に育てられていました。


 

 

IMG_0726

 

平成18年の夏より苗木を植樹している「はじまりの森」へ。
9年前には存在しなかった木々たちががすくすくと育っていました。
100年後には大きな森が広がっていることでしょう!

 

 

IMGP1941

つづいて西宮市貝類館へ向かいます!

 

 

 




「みて きいて ふれて」楽しむことを目的とし世界の2000種、5000点の貝を展示している西宮市貝類館。耳にあてたり肌触りを確かめたり、視覚からだけではなく貝を体感することとができます。

IMG_0727  IMG_0733


IMGP1956_1


生きている化石「オウムガイ」の泳いでいる姿もみることができます!とても神秘的!

 

 

 

引き続き、西宮砲台、芦屋市立美術博物館、芦屋マリーナを巡ります。
その様子は第2弾でご報告します!

第2弾はこちら →http://anian-club.jp/info/2015/09/2876

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる