尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

尼崎あにあんレポート 兵庫県立ピッコロ劇団「東男迷都路」公開稽古レポート!

このページを印刷する2015年5月26日

5月14日(木)、兵庫県立ピッコロ劇団第52回公演「東男迷都路(あずまおとこまようみやこじ)」の公開舞台稽古が行われました!

ピッコロシアター


今公演は、翻案/喜志哲雄さん×演出/孫高宏さんが再びタッグを組んだ、シェイクスピア傑作喜劇翻案シリーズの第二弾!シェイクスピアの初期喜劇「ヴェローナの二人の紳士」を題材にした「東男迷都路(あずまおとこまようみやこじ」です!

舞台は江戸時代。兄弟のように仲の良い秀乃進(岡田力さん)と十次郎(橘義さん)、二人の若侍が主人公。物語は秀乃進が江戸から京都へ向かうシーンから始まります。それに続き京都へ向かう十次郎。そして、十次郎の後を追う男装の町娘・八重(野秋裕香さん)と人生経験豊富な乳母・松ヶ枝(木全晶子さん)。江戸から京都に向かう4人を待ち受ける運命やいかに!純情な権力者、気位の高いその娘、遊び人の公卿、陽気な侍女、音楽好きの無法者、さらに口数の多い九官鳥たちが繰り広げる恋愛と友情をテーマにしたシェイクスピアの翻案喜劇です。


IMG_4095

あらすじを見ただけで、わくわくします。
開場前からたくさんのお客様が待っています。いよいよ待ちに待った公開稽古のスタートです!



IMG_4107
公開稽古の前に喜志さん(写真右)と孫さん(写真左)からの解説がありました。
喜志さんは、2013年シェイクスピアの喜劇「間違いの喜劇」を翻案、孫さんが演出し「間違いの喜劇~現夢他双子戯劇(うつつはゆめふたごのたわむれ)~」で、平成25年度文化庁芸術祭賞〈演劇部門〉優秀賞を受賞、大変好評を博しています。


IMG_4104イタリアのヴェローナを江戸、ミラノを京都に見立てた背景、当時の江戸の身分や階級、男女の差別や恋愛について語られました。
「特に当時は、自由恋愛が許されていなかった。親の決めた相手との結婚が多かったんです。男女は対等であり、自由に結婚相手を選べる社会が望ましい。これは私の願望でもあります。本作はおとぎ話で、決してリアルではありませんが、今回のヒロイン二人は、男性よりも積極的です。若く魅力的で、才能のある女優さんが演じていますので、そこに注目していただきたい。また、自転車など文明の利器も登場します。江戸時代の設定ですが、いつ頃かはわからない、現代でもある、ここが演出の効果を狙っているところでもあります。たくさんの方に観ていただきたい。」

IMG_4116

稽古はオープニングのシーンから。にぎやかな和楽器の演奏で始まりました。この後の展開が楽しみです!

IMG_4122

稽古の合間にも演出家の方から指導があります。俳優の皆さんは、それぞれの立ち位置などを確認しながら何度もおさらいをしていました。想像していたピリピリとした雰囲気は一切なく、終始なごやかなムードで稽古は進んでいきます。皆さん仲が良さそうです。


IMG_4127

そして、秀乃進が京都へ旅立つ別れのシーンへ。十次郎の下男・甚六(吉村祐樹さん)も登場。会場に笑いが沸き起こります。



IMG_4148

続いて、今公演の見どころでもある歌のシーン。このシーンのために“音楽好きの無法者”役の3人(三坂賢二郎さん、堀江勇気さん、菅原ゆうきさん)は、歌の猛特訓をされたそうです!さすがに、このシーンは圧巻です。ぜひ生で、会場で体感していただきたい!

IMG_4170ここで、出演者の方々の紹介に移ります。皆さん、それぞれ公演に向けての意気込みを語られました。中でも、十次郎役の橘義さん(写真中央)は、「21歳の役を演じています。若気の至りで自分勝手な行動をとる役柄なんですが、精いっぱい若気の至りを演じています(笑)。今の年齢になった自分は、十次郎の行いに『そうするかい!』とツッコミを入れたくなりますが、僕も21歳の頃はそうだったのかもしれない、と気持ちを切り替えて演じています。皆さまのご来場お待ちいたしております!」とお話しされました。

 

IMG_4184
秀乃進役の岡田力さん(写真右)は、「僕も橘君と同じ21歳の役を演じます。アラフォーの厄年なんですけど(笑)。しかも、初恋を知ってしまったという初々しい役柄なんです・・・40過ぎのオッサンにとっては大いなるチャレンジです(爆)。本番までには、21歳の若者に見えるように頑張ります!」のあいさつに会場内は爆笑でした。

本当に21歳に見えるかどうか、本番が楽しみですね!

IMG_4101
最後に、「芝居というのは人と人の間に起こること。相手から受ける動きやセリフをどう反映させるのか―今後は本番に向けて、立ち位置や動きなど細部に渡って調整していきます。ご期待ください!」と、演出の孫さんが締めくくりました。




この後、客席のお客様からも積極的に質問があり、公演前から大いに盛り上がりを見せる「東男迷都路」です!

以上、公開稽古レポートでした!

兵庫県立ピッコロ劇団第52回公演「東男迷都路(あずまおとこまようみやこじ」は、6月5日(金)~14日(日)、ピッコロシアター大ホールにて公演されます!
詳しくはピッコロシアター公式ホームページをご覧ください。→http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/event/detail/?id=127

あにあん倶楽部でも紹介しています!→http://anian-club.jp/info/2015/05/2495

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる