尼崎・西宮・芦屋を愛し、楽しむ情報サイト「あにあん倶楽部」

尼崎西宮芦屋お知らせ 阪神南再発見モニターツアー第2弾「阪神間モダニズムコース」の見どころ紹介!

このページを印刷する2014年8月22日

チラシ2

9月24日(水)開催の阪神南再発見モニターツアー「阪神間モダニズムコース」の見どころはこれ!

「阪神間モダニズム」とは、1900年代から1930年代にかけて阪神間を中心に育まれた、西洋文化の影響を受けた芸術・文化・生活様式のこと。

普段はなかなか見学できない施設ばかりです。

今回のツアーで巡る4カ所の建築物をご紹介します!

●ヨドコウ迎賓館
フランク・ロイド・ライトが設計した建築物としては日本に完全な形で現存する唯一の作品です。大正時代以降の建造物として初めて、かつ鉄筋コンクリート建造物としても初めて国の重要文化財に指定されたそうです。
建築家 フランク・ロイド・ライト設計 
代表建築物:帝国ホテル(ライト館)、自由学園明日館(国の重要文化財)

●武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)
国登録有形文化財に指定。1930年に完成した建物で、洋風一辺倒というわけではなく、京都で焼いた緑色の瓦、赤茶色のボーダータイルと細かい彫刻の日華石の色合いが美しい外観や、西ホールの市松格子の天井・欄干・行灯、随所の装飾に和のテイストを感じさせるものになっています。
建築家 遠藤新(フランク・ロイド・ライトの弟子)設計
代表建築物:自由学園目白講堂(国の重要文化財)

●神戸女学院
校舎の一部は国の登録有形文化財。スパニッシュ・ミッション・スタイル(南地中海様式)の優美な校舎は、淡いクリーム色の外壁と赤銅色の瓦が特徴的です。
建築家 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計 
代表建築物:日本基督教団大阪教会(国の登録有形文化財)

●ユニチカ記念館
1900年に建てられた煉瓦造り2階建て、尼崎市内に残存する最古の洋風建築物。道路に面した塀と壁面に並ぶ赤煉瓦はイギリスか らの輸入品と伝えられ、長手の段と小口の段を交互に積む“イギリス積み”と呼ばれています。2階の展示室には「東洋の魔女」と呼ばれたバレーボールチーム 大松監督のブレザー、トロフィーなどスポーツ史の貴重な史料や、尼崎紡績からユニチカとなるまでの資料も展示されています。

参加費は無料!(昼食代除く)
※入館料等はこちらで負担します。
※昼食はツアーコース上でバスを停車させ、自由時間をとります。
  昼食をとられる方は、各自で昼食代金をご負担願います。
※訪問先によっては、写真撮影に制限がある可能性がございます。
 その場合こちらの指示に従い行動していただきますので、ご了承お願いいたします。

応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

チラシのダウンロードはこちら

 詳細データ

開催日時 平成26年9月24日(水) 小雨決行予定
9:50~17:15
参加定員 35名 ※応募者多数の場合抽選
参加条件 ●あにあん倶楽部会員であること
●下記1,2のうちいずれかを満たす方
  1.「あにあんフォトコンテスト」に応募
  2.SNSでツアーの様子を報告
応募方法 応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。
主催 阪神南県民センター
問い合わせ先

(株)エイエイピー関西支店内「あにあん倶楽部運営事務局」
TEL:06-6365-1510 (受付:月~金曜9:00~18:00)
FAX:06-6365-1342

メールによるお問い合わせは、こちらからお願いいたします。

口コミ・コメントを見る

現在、この情報に関する口コミ・コメントはございません。

口コミ・コメントを投稿する

が付いている欄は必須項目です。

twitterであにあん倶楽部をCHECK!
ページのTOPへもどる